GMOアドマーケティング株式会社

2022.04.01

日本でも年々シェアを拡大している「Amazon広告」による広告配信について

日本でも年々シェアを拡大している「Amazon広告」による広告配信について

GMOアドマーケティング メディア企画部です。
この度は、Amazon DSPについてご紹介させて頂きます。

Amazon DSPとは?

Amazonオーディエンスデータを活用して、広告配信ができる唯一のプロダクトとなります。
配信できる配信先は主に2パターンあり、Amazon内の広告枠への配信(オンサイト配信)とAmazonサイト以外の外部サイトの広告枠に広告を配信(オフサイト配信)となります。
Amazon DSPによって検索まで至っていない外部ユーザーも商品ページへ集客することで、Amazon独自のレコメンド機能も働き、
スポンサー広告ボリュームの底上げや自然流入の増加も見込むことが可能となります。

▼Amazon DSPのセグメント

Amazon独自セグメントを3つご紹介いたします。

①Amazon閲覧・購買データを活用したセグメント

Amazonの閲覧・購買履歴データを元に様々なターゲティングが利用可能となります。
例えば、、
ライフスタイル・・・特定のライフスタイルに関連した複数の商品カテゴリに関心を持つユーザー層
ホットカスタマー・・・直近で対象カテゴリに興味・関心のある、購買意向の高いユーザー層
など既存でのセグメントが複数ございます。
既存セグメント以外にも、カスタムセグメントの作成が可能となります。
カスタムセグメントは作成できる業種が限定されておりますので、ご要望のあるセグメントがございましたら、事前にお問い合わせをお願い致します。

②Amazon Audienceリターゲティング

Amazon.co.jpに訪れているユーザーの閲覧履歴をもとに、
自社や競合商品、任意の商品・ブランド情報等をセグメント化しターゲティングが可能となります。
特定のブランドに属する商品を閲覧したユーザーやPrime Videoの視聴データを元にターゲティングをすることで
ユーザーが実際に行った行動を元にしたターゲティングが行えます。
Audienceリターゲティングのみですと、十分な配信量を担保することができない場合がございますので、
活用する際は既存セグメントと同時に実施が推奨です。

③Aisinリマーケティング

ASINとは、「Amazon Standard Identification Number」の略称となり、Amazonで取扱う商品を識別する10桁の番号を指します。(書籍のみISBN番号で同様に管理。)
Amazon DSPでは、このAsinを活用して指定の商品とその類似商品の商品ページや関連する検索履歴をターゲティングすることができます。
商品を閲覧後、購買に至らなかったユーザーのリマーケティングや、直近の購買者を除外した新規ユーザー獲得、競合商品閲覧ユーザー獲得に活用頂けます。
※Asinリターゲティングはリンク先がAmazon内ページのみ利用可能です。

Amazon広告活用のポイント

Amazon.co.jpでは7月のプライムデー、12月のサイバーマンデーの2大セールの他、
タイムセール祭りや特集企画などが不定期に開催され、トラフィックが大幅に増加します。
自社キャンペーンと併せて需要期よりも少し早めに配信を強化することがポイントです。

Amazon DSP 媒体資料 ダウンロードはこちら

最後までお読み頂きありがとうございました。
ご不明点などございましたら、ぜひ弊社担当までお気軽にお問い合わせください。
担当者不明の場合はこちらよりお問い合わせください。

GMOアドマーケティングのニュースや、
働くメンバーについて
最新情報を公式SNSにて発信しています。
是非ご覧ください。

コンテンツ一覧へ

ともにつくろう