GMOアドマーケティング株式会社

2024年1月1日に、GMOアドマーケティング株式会社はGMO NIKKO株式会社を存続会社として経営統合致しました。
引き続き、弊社サービスのご利用を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

「ChatGPT」活用で広告クリエイティブ作成時間を1/3に短縮
~AI技術で業務改善・サービスの質向上を実現~

GMOインターネットグループのGMOアドパートナーズ株式会社の連結会社で、アドテクノロジー事業、アプリマーケティング事業等を展開するGMOアドマーケティング株式会社(代表取締役社長執行役員:渡部 謙太郎 以下、GMOアドマーケティング)は、インターネット広告事業において「ChatGPT」を活用し、デジタル広告のクリエイティブ作成時間を従来の1/3以下に削減いたしました。
これまで人間が担っていた、広告の事前リサーチ、アイデア出し、実際の画像や動画の作成作業などに「ChatGPT」を活用することで、クリエーターなどが、削減した時間で、広告効果やマーケティング施策の改善にこれまで以上に注力できるようになりました。これにより、お客様に迅速かつよりよい広告出稿のご提案ができるようになるなどの効果が生まれています。
GMOアドマーケティングは、今後もAI技術を用いてインターネット広告におけるオペレーション改善および品質・広告効果改善の実現に尽力してまいります。

「ChatGPT」活用の背景と作業効率化の事例

GMOアドマーケティングでは、広告オペレーションの効率化を目指し、RPAやBPO、AIを活用する仕組みや組織づくりに注力してきました。しかし、マーケティングおよび広告効果の最大化を実現するためには、「広告クリエイティブの作成・開発」という専門スキルや実務経験を保有している高度なクリエーターによる業務が中核となっており、属人化が切り離せない組織運営となっておりました。
こうした課題を、新たなテクノロジーで解決すべく、2022年11月からアプリマーケティング事業「Good!Apps byGMO」(https://good-apps.jp/)において、対象となる商材の3C・4P分析、マーケティングリサーチ、広告キャッチコピーや構成案のアイデア出し、実際の広告の画像・動画の作成などに「ChatGPT」の活用を開始しました。その結果、広告クリエイティブの作成・開発業務にかかる全体の時間を、これまで平均して約130時間/月かかっていたところ、約35時間/月、従来の1/3以下に削減することが可能になりました。
一方で、パフォーマンスはこれまでと同等、もしくはそれ以上を実現しています。最終的な広告の質を担保するために、校閲の段階において、ファクトチェックや整合性の確認は人間が行っております。加えて、例えばクリエイティブの作成スピードが上がったことで、様々なパターンのクリエイティブ作成を短期間でできるようになりました。これにより、お客様の広告出稿の効果改善や、訴求別検証がこれまでより素早く行えるようになり、お客様のマーケティング全体のさらなる改善に注力することができています。
こうした取り組みを「ChatGPT」ならびにAI 活用による広告作成の先進事例として活用しながら、広告主様ならびにパートナー企業様の業務効率化の支援も行ってまいります。

独自システムによる効率化と情報管理の対策

GMOアドパートナーズでは、広告クリエイティブの作成業務全てをAIにより自動化するのではなく、AIを活用したアウトプットを人の判断により、選定およびブラッシュアップをすることで、作成時間の短縮と質の担保を可能とする独自システムを構築しております。
また、「ChatGPT」を開発したOpenAIの規約上(※1)、モデルの学習には用いられないと明記されているAPI連携のみを利用し、お客様の情報などを含まない状態で運用し、情報管理を徹底しております。今後も、継続的に規約変更やアップデート情報といった最新の動向とリスク対応策を踏まえた上で、取り組みを設計してまいります。
(※1)OpenAI規約(https://openai.com/policies/terms-of-use

GMOインターネットグループの「ChatGPT」活用への取り組み

GMOインターネットグループは、RPA・AI・動画等を活用した業務効率化を掲げています。中でも、最新のAI技術をいち早くキャッチアップし、その活用による事業創出や業務効率化を加速するために、2023年4月から、すべてのパートナー(従業員)を対象とする、賞金総額1,000万円超の「AI(愛)しあおうぜ!~ChatGPT業務活用コンテスト」を実施しています。
本コンテストは、日進月歩するAIの世界に対応すべく、毎月開催することとし、「月間チャンピオン」の中から「四半期チャンピオン」を選考、最終的には「年間グランプリ」を決定します。「年間グランプリ」は、グループ代表の熊谷正寿が「ChatGPT」と相談のうえ決定します。
全パートナーが持つ経験、ノウハウ、知見を駆使することで、業務効率化や既存サービスの品質向上や新規事業の創出につなげるとともに、パートナー全員がAI を使いこなす技術活用力を身に付けることを目指しています。GMOアドパートナーズの取り組みも、「AI(愛)しあおうぜ!~ChatGPT業務活用コンテスト」に応募しています。

「ChatGPT」について

「ChatGPT」は、AIを研究する非営利団体のOpenAI が提供している言語モデルです。ユーザーと自然な会話形式で対話をすることができ、高度な応答が可能です。自然言語処理技術を応用しており、質問に対して自然な文章で回答することができます。また、高度な会話にも対応しており、その応用範囲は広く、さまざまな分野で注目を集めています。

GMOアドマーケティングについて(URL:https://www.gmo-am.jp/

GMOアドマーケティングは、アドテクノロジー事業・メディアセールス事業を主力事業とする、GMOアドパートナーズ株式会社のグループ会社です。アドネットワーク・SSPなどの自社アドテクノロジー商品を複数保有しており、GMOインターネットグループの技術力とメディアセールス事業の販売網を活かし、媒体社様と広告主様の収益を最大化することをミッションとしています。

以上

 


【本件に関するお問い合わせ先】
●GMOアドパートナーズ株式会社 経営企画部
TEL:03-5457-0916 FAX:03-5728-7701
E-mail:release@gmo-ap.jp

【報道関係お問い合わせ先】
●GMOアドパートナーズ株式会社 経営企画部
TEL:03-5457-0916 FAX:03-5728-7701
E-mail:release@gmo-ap.jp

●GMOインターネットグループ株式会社
グループコミュニケーション部 広報担当 青柳
TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp

【GMOアドマーケティング株式会社】 (URL:https://www.gmo-am.jp/

会社名 GMOアドマーケティング株式会社
所在地 東京都渋谷区道玄坂1丁目2番3号 渋谷フクラス
代表者 代表取締役社長 渡部 謙太郎
事業内容 ■アドテクノロジー事業 ■メディアセールス事業 ■アプリマーケティング事業
資本金 1億円

【GMOアドパートナーズ株式会社】 (URL:https://www.gmo-ap.jp/

会社名 GMOアドパートナーズ株式会社 (東証スタンダード市場 証券コード:4784)
所在地 東京都渋谷区道玄坂1丁目2番3号 渋谷フクラス
代表者 代表取締役社長 橋口 誠
事業内容 ■メディア・アドテク事業 ■エージェンシー事業
資本金 13億156万8,500円

【GMOインターネットグループ株式会社】 (URL:https://www.gmo.jp/

会社名 GMOインターネットグループ株式会社 (東証プライム市場 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネットインフラ事業   ■インターネット広告・メディア事業
■インターネット金融事業     ■暗号資産事業
資本金 50億円

Copyright (C) 2023 GMO AD Marketing, Inc. All Rights Reserved.

GMOアドマーケティングのニュースや、
働くメンバーについて
最新情報を公式SNSにて発信しています。
是非ご覧ください。

ニュース一覧へ