GMOアドマーケティング

「GMO SSP」、モバイルページ表示高速化“AMPページ”で広告も高速表示する「AMP for Ads(A4A)」にSSPで国内初対応
~従来比最大6倍速い広告表示を実現~

報道関係各位

2017年9月25日
GMOアドマーケティング株式会社

 GMOインターネットグループでアドテクノロジー事業、メディアセールス事業を展開するGMOアドマーケティング株式会社(代表取締役社長:渡部謙太郎 以下、GMOアドマーケティング)は、媒体社向け収益最大化プラットフォーム「GMO SSP」(URL:http://gmossp.jp/)において、AMP(※1)ページ内で高速表示する広告規格「AMP for ads(略称:A4A)」の広告配信に、国内SSPで初めて対応いたしました。
 「A4A」に対応した広告は、モバイル端末でのWEBページ表示を高速化する“AMPページ”において、従来比最大6倍もの高速で表示されます。メインコンテンツの表示を遅らせることなく広告を表示できるので、ユーザーのWEBメディア閲覧環境の改善および、媒体社の広告収益向上が期待できます。
 今後、AMP対応しているWEBメディアであれば、「GMO SSP」を通じて「A4A」に対応した広告を掲載可能となります。

(※1)AMP(Accelerated Mobile Pages)とは、Googleが推進するモバイル端末でのWEBページ表示高速化を目的としたオープンソースプロジェクトです。この規格に対応したWEBページをAMPページと呼びます。

【「AMP for Ads」対応の背景】  Googleが推進する、モバイル端末におけるWEBページの表示を高速化する規格「AMP」は、公開から約2年が経過し、現在では国内外問わず多くのWEBメディアがAMPに対応しています。Googleの発表によると、AMPページは全世界で20億以上にも増加したと言われており(※2)、今やAMP対応はWEBメディアにとって欠かせない施策の一つとなっています。
 こうした中、GMOアドマーケティングの媒体社向け広告収益最大化プラットフォーム「GMO SSP」は、国内SSPの中でいち早く、複数のアドネットワーク(※3)によるAMPページへの広告配信に対応しています。
 一方で、WEBメディアからは、AMP対応によりPV数は増加したものの、広告収益の増加には結びついていないという声が多く寄せられていました。広告収益が伸び悩んでいる理由として、AMPページはコンテンツの表示は高速であるものの、広告の表示は高速化されず表示までに時間がかかるため、広告を目にすることなくページを移動してしまうユーザーがいることが挙げられています。

(※2)出典:Google Developers Japan(https://developers-jp.googleblog.com/2017/06/turbocharging-amp.html
(※3)複数のメディアサイトを集めて広告配信ネットワークを作り、1事業者のアドサーバーから複数メディアへまとめて広告を配信するサービス。
(※4)出典:CloudFlare公式ブログ:Firebolt: the fastest, safest ads on the web(https://blog.cloudflare.com/firebolt/

【「GMO SSP」の「A4A」対応でできること】  AMPに対応しているWEBメディアは、「GMO SSP」を通じて「A4A」に対応した広告を掲載することが可能となります。その際に、AMPページ内に設置している既存の広告枠の変更や調整などといった仕様を変更する必要がない点が大きなメリットです。これにより、従来の広告表示の遅延によって訴求しきれなかったユーザーへも、広告をすばやく表示して視認させることが可能となり、WEBメディアにおいては収益の拡大が期待できます。
 また、広告を表示することでページの表示速度自体が落ちるのでは、という懸念から、これまで広告を掲載していなかった箇所(例:AMPページのファーストビューなど)へも、「A4A」対応広告を新たに掲載するといった活用も可能です。

 今後も「GMO SSP」は、「A4A」に沿った広告配信を推奨することで、AMPページにおけるスムーズな広告表示を実現し、ユーザーのストレスのないコンテンツ掲載と媒体社の高い収益性の両立を図ってまいります。

【「GMO SSP」について】(URL:http://gmossp.jp/  「GMO SSP」は、複数のDSP(※5)やアドネットワークを組み合わせ独自のロジックで最適化配信を行う収益最大化プラットフォームです。インフィード形式、バナー形式をはじめとする各種広告フォーマットに対応し、ご提案から開始後の向上施策まで専任のコンサルタントがサポートいたします。
 また、自社開発のコンテンツレコメンドエンジン「TAXEL byGMO」(http://taxel.media/)およびネイティブ広告に特化したアドネットワーク「AkaNe byGMO」(http://akane-ad.com/)と連携することで、媒体社様のトラフィック増加とネイティブ広告領域での収益最大化も同時に実現することが可能です。

(※5)デマンドサイドプラットフォーム(Demand Side Platform)の略称で、広告のインプレッション(露出)が発生するたびに閲覧ユーザーの属性や広告の掲載面などの情報を分析し、より効果の高い広告枠のバイイング(仕入れ)から配信までを効率的に行う、広告主向け統合プラットフォーム。

【GMOアドマーケティングについて】  GMOアドマーケティングは、アドテクノロジー事業・メディアセールス事業を主力事業とする、GMOアドパートナーズ株式会社のグループ会社です。アドネットワーク・SSPなどの自社アドテクノロジー商品を複数保有しており、GMOインターネットグループの技術力とメディアセールス事業の販売網を活かし、媒体社と広告主の収益を最大化することをミッションとしています。

以上

【サービスに関するお問い合わせ先】 ●GMOアドマーケティング株式会社
SSP事業部 担当者:長谷川
TEL:03-5457-0909 FAX:03-5457-0910
E-mail:product@ml.gmo-am.jp

【報道関係お問い合わせ先】 ●GMOアドパートナーズ株式会社 経営企画部
TEL:03-5457-0916 FAX:03-5728-7701
E-mail:release@ml.gmo-ap.jp

【GMOアドマーケティング株式会社】 (URL:http://www.gmo-am.jp/

会社名 GMOアドマーケティング株式会社
所在地 東京都渋谷区道玄坂1-16-3 渋谷センタープレイス 6階
代表者 代表取締役社長 渡部 謙太郎
事業内容 ■アドテクノロジー事業 ■メディアセールス事業 ■メディア事業
資本金 2,000万円

【GMOアドパートナーズ株式会社】 (URL:http://www.gmo-ap.jp/

会社名 GMOアドパートナーズ株式会社 (JASDAQ 証券コード:4784)
所在地 東京都渋谷区道玄坂1丁目16番3号 渋谷センタープレイス 4階
代表者 代表取締役社長 橋口 誠
事業内容 ■メディア・アドテク事業 ■データテクノロジー事業
■エージェンシー事業 ■ソリューション事業
資本金 13億156万8,500円
すべての人にインターネット