GMOアドマーケティング

SEOやマネタイズなど、注目メディアのノウハウを大公開!「GMOアドマーケティング メディアマネタイズセミナー」レポート

   GMOアドマーケティングでは、自社プロダクト「GMOSSP」・「コンテンツレコメンドウィジェット TAXEL」を用いて、webメディア様のグロース・マネタイズを支援させていただいております。
この度2018年2月22日、「GMOアドマーケティング メディアマネタイズセミナー ~今、注目メディアのノウハウトーク~」と題しまして、メディア様向けのセミナーを開催いたしました。
本記事では、セミナーの様子をご紹介いたします。



目次    ・セミナー概要
   ・登壇メディアご紹介
   ・パネルディスカッション
   ・まとめ

・セミナー概要


今回のセミナーでは、
・愛カツ
・mamanoko
・サイゾー
という3つのメディア様に注目の成長メディアとしてご登壇いただき、
・各メディア様のご紹介
・パネルディスカッション:メディア運用について
を通して、急成長中のメディアの大事にしていること・ノウハウを共有していただきました。

・登壇メディアご紹介 愛カツ~恋愛・結婚に勝つための情報サイト~
https://aikatu.jp/
※2018年1月現在、月間2200万PVに到達。1年間でPV数が3倍に成長


登壇者:愛カツ編集長 福田 桃子様

愛カツからは、編集長の福田様より、PV・UUともに速いペースで成長を続けている愛カツのノウハウをご紹介いただきました!

ユーザーの抱える「悩み」に答えるため、男性ライターによる男性目線の記事を作成するなど、
・乱立する恋愛メディアの中で、どう差別化をしていくか
というポイントを意識して、リアルな情報を収集しながらコンテンツを作られているそうです。

またユーザーを集める上で重要なリファラ(流入元)対策として工夫しているポイントとして、記事提供先のプラットフォームのユーザー特性に合わせて記事を作成するといった取り組みを行っているとのお話をいただきました。

mamanoko~妊活・妊娠・子育てをする女性の為のウェブメディア~ https://mamanoko.jp/
※月間利用者500万人を超える日本最大級のママ向けサイト

登壇者:Director 清水 勇希 様


登壇者としてディレクターの清水様より、SEOに強いと評判のmamanokoについてご紹介いただきました。

「出産や子育ての情報格差を無くしたい」という想いから始まったmamanoko。
メディアを通してママの悩み解決をするため、コンテンツ内製や医師監修を行い、安心できる情報を届けることに取り組んでいるそうです。
「社会問題をピックアップしてどう解決していくか考える」という社風のもと、社内で勉強会を開催したりライターの組織作りを行っていることを強みとしてお話いただきました。

流入元としてSEOに注力している理由は、「SEOでの結果は長期的な資産になるから」とのこと。
2~3日単位ではなく、年単位で継続的な流入をもたらすという点に注目し、コストを惜しまずにSEOを意識したコンテンツ作りを行っているそうです。

株式会社サイゾー http://cyzo.co.jp/
※常に新しい視点で情報を構築していくメディアを多数運営

登壇者:ウェブメディア担当執行役員 脇谷 怜生弥 様

出版社でありながら、「タブーが(ほぼ)存在しない」ということが強みのサイゾーについて、ウェブメディア担当執行役員の脇谷様よりご紹介いただきました。

様々なメディアを運営し、全体では3億PV以上を誇るサイゾーですが、各メディアは横の繋がりがほとんどなく、編集部体制で運営を行っているそう。

コンテンツ作りにおいては、「おもしろいと思うこと」「読者が絶対に知りたいこと」「どこも書けないこと」を、「真実はググれない」という標語の下に提供するという方針を掲げて運営しているそうです。

・パネルディスカッション

パネルディスカッションにおいては、ご登壇頂いた3名に、5つの質問にご回答いただく形でノウハウをご共有いただきました。

Q1 今まで行って成功した施策 ・リアルタイムにPVの増減をウォッチして記事を追加するといった細かい運用
・記事の質を一定にするための指針策定、勉強会の開催
・PVの出やすいカテゴリを発見し、注力する
など、様々な施策をご紹介いただきました。

Q2 ここでしかいえない失敗事例 オフラインでのビジネス展開、広告配信の仕組みについてなど、こちらも様々な失敗事例をご共有いただきました。
あるメディア様で失敗した施策が他のメディア様では成功していたような事例もあり、興味深い内容となりました。

Q3 今1番重要視しているマネタイズ方法 各メディア様三者三様のマネタイズ施策をご共有くださいました。
オフラインでのユーザーを相手にしたビジネスや、外部の媒体社とのビジネスということも含めネットワーク広告以外のマネタイズモデルの考案を進められているメディア様もありました。
各社、メディアの特性を活かしたマネタイズへの挑戦意欲を語ってくださいました。

Q4 過去試したことのあるプロモーション内容 webで広告出稿に注力しているというメディア様はおらず、3メディア様とも、それぞれのメディア特性に合わせて独特なプロモーション経験をお話されていました。

Q5 社内で良いコンテンツと判断する基準をどこに置いているか ・PV
・正確性
・SEOの順位
・誤報でないこと
といった評価指標が挙がりましたが、
各メディア様が運営方針として大切にされていることとリンクした指標を重視されていました。

・まとめ 今回は愛カツ、mamanoko、サイゾーの3メディア様にご登壇いただきましたが、各メディアともに、「ユーザーの知りたいこと」「ユーザーに知ってほしいこと」を提供していくことを第一にメディアを運営されていることが非常によく伝わってきたセミナーとなりました。
もちろん細かいSEO対策やネットワーク広告のチューニングといったテクニックにも取り組まれている中で、各メディア様が最も力を込めてお話されていたのは、メディアのビジョンやコンテンツに対する考え方といった部分でした。
各メディアの成長を支えているのも、そういった社会やユーザーに対する姿勢なのかもしれません。

今後もGMOアドマーケティングでは、今回のセミナーのようなメディア様のノウハウ共有・交流の場を設ける予定です。
ご興味がございましたら、是非お気軽にお問い合わせください!

すべての人にインターネット
関連サービス