GMOアドマーケティング

媒体社向け収益最大化プラットフォーム「GMO SSP」において、サイト訪問者を悪質なWebサイトへ強制的に遷移させる不正なリダイレクト広告への対策を提供開始

GMOインターネットグループでアドテクノロジー事業、メディアセールス事業を展開するGMOアドマーケティング株式会社(代表取締役社長:渡部謙太郎 以下、GMOアドマーケティング)は、媒体社向け収益最大化プラットフォーム「GMO SSP」(URL:https://gmossp.jp/)において、サイト訪問者を悪質なWebサイトへ強制的に遷移させる不正なリダイレクト広告への対策を提供開始いたしました。昨今、アドテクノロジーの急速な発展により、広告取引の拡大・効率化が進む一方で、こうした成長市場を狙い、不正事業者による広告詐欺(アドフラウド)の被害も顕在化しております。なかでも、訪問者を意図しないWebページへ強制的に遷移させるリダイレクト広告は、媒体社様が抱える課題となっています。こうした課題に対応するため、「GMOSSP」をご利用の媒体において不正リダイレクト広告の無効化を開始しております。配信されたDSP広告のHTMLは、配信ネットワーク情報とともに社内にログ保管しており、不正広告を検知した際は、GMOSSPとして停止をさせて頂いております。これにより、広告枠の健全性を保ち、ひいては「GMO SSP」をご利用いただいている媒体全体の信頼性向上につなげてまいります。